けみ芥見Chemi Akutami Official Website

Category

Blog

ヒースローの悲劇 シーズン4

ヒースロー空港で入国拒否となりその後の移動先はマサカの留置所! 空港で入国拒否にあう以前のレベルの話なんですが 気合いと言うか、気負いというか僕は着物で飛行機に乗っていたのです 今考えると「 […]

Read More

ヒースローの悲劇 シーズン3

ヒースロー空港でマサカの入国拒否…  そしてパスポートもお金も持っていない異常者達と夜を共にした… ヒースロー空港の訳ありルームで目覚めた 思い他、めちゃ寝たw &nbs […]

Read More

ヒースローの悲劇 シーズン2

ヒースロー空港へ着き 良く分からないまま人の群れに着いて行った僕を待っていたのはイミグレーション  担当は茶髪のゆるいオールバック、頑丈そうなアゴの持ち主であった  けみ […]

Read More

ヒースローの悲劇 シーズン1

12月4日に中部国際セントレア空港からフライトで…昨日は「アテも無くヨーロッパへ」みたいに書きましたが、あれは大嘘です 絵を描き出す前から色々応援してくれてる先輩の会社がマンチェスターにありその彼が「ロンドンの […]

Read More

そしてEUROへ

2012年… 今思えば「行き当りばったり」だったが 当時は強く信じていた… 「行き当りバッチリ」だと   「芸術家になったらヨーロッパだろ」と言われる事もありア […]

Read More

ユーロ遠征前の能面作業「天狗」

天狗と言えば僕は昔からアル仮説を立てています天狗=渡来人(ユダヤ人?)という仮説です  日本中に神社を作り進行を広めた賀茂族そのスポンサーだった秦一族今の八百万の神を奉る神道の前の古神道の前の物部神道 […]

Read More

ユーロ遠征前の能面作業「翁」

今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。 僕は「翁」と聞くと「竹取りの翁!?」と条件反射してしまいがちですが… この場合は、能楽の役(面)の事です&nbs […]

Read More

ユーロ遠征前の能面作業「小面」

能面の般若の続きは… 小面(こおもて)です  小面をググると「女面の代表とされ、最も若い女性を表現したもので、可憐で美しい表情をもつ。」とされてます 「あどけない、女性のうちで一番 […]

Read More

ユーロ遠征を前に最後の作品を

困った事にこの作品  の画像がこれしか無いので※1年目の作品だった事と、あまり気にって居なかったのもありHPからも消してましたので写真が無いのです… この作品は落水透世「春・夏・秋・冬」の4 […]

Read More

あまり有名じゃないが、美濃和紙の里の紅葉には親が居るのです

美濃和紙の里より2012年の秋です  和紙修行しながら漉いた(作った)和紙に描写するという生活をしてました 和紙は「綺麗な水」でしか作れないので言う迄も無く美濃の川は… &nbsp […]

Read More

和紙の魅力を伝える新企画の作業

前回記事の続きです  この木版を和紙の上に乗せ スプレーする  スプレーで絵の土台が出来るのでそこに描き込む  こんな感じです※画像がこれしか無くてす […]

Read More

浅草仲見世商店街にてアル物の仕入れを

今日は6月1日って事で、行って来たのが…  浅草です  ダルマの仕入れを…  これに手を入れると…   この様に完成するのでありま […]

Read More