けみ芥見Chemi Akutami Official Website

Coronavirus VS Paris/パリで感じたコロナウィルスへの恐怖とアジア人差別 シーズン1

一昨日パリより帰国しましたが、パリでのコロナ体験、アジア人差別体験を綴ろうと思います

 

まず!27日に

日本政府より、こんな発表があったのを知らなかったのは僕だけでした…

 

この日は偶然にも出国日で

政府からのニュースを聞いた十数人の先輩や友人より

「やっぱりヤバくない?」系の連絡をたくさん頂きましたが飛びました

 

実はこれにも色々ありましてね…

フライト代を節約したくて

いつもはトランジット便(乗り継ぎ便)を取るんですが

今回は新型コロナの事もあるので

羽田より直行便にしました。

 

フランスと日本は歴史的にも仲良しだし

親日だし

羽田よりの直行便なら

妙なセキュリティも潜らず無事に入国できる!

と、ふんだ訳であります。

 

羽田空港でのマスク率は98%くらいでした

 

出国の際の必要以上のチェックは無く

いつも通り

 

そして機内に乗り、食べて、映画見て、仮眠して…

CDG(シャルルドゴール)空港着!

入国審査もいつも通りで

イミグレーションカードなど無く、普通に並んで

パスポートとスマイルを見せて

「バッコン!」とハンコを打って頂き入国

 

CDG空港でのマスク率は10%くらいでしたね

「さすがパリだなー汗」と思いつつ、宿にチェックイン

 

街にも宿にもマスク着用者は居なく

僕自身もマスクを持って来るのを忘れた事にこの頃気付く

「うん、まいっか」ってな感じでした。

 

夜になり友人とバーで合流!

から始まり

ダンサー撮影2日間

モデルフィッティング

ファッションショー

となかなかハードスケジュールでした…

 

新型コロナ「ヨーロッパでのアジア人差別」

と聞いていましたが…

 

バスに乗り空いてる席に座る。隣に現地の人がスマイルで座ってくる

メトロに乗っても同じ感じ

タクシーに乗ると運転手はマンガの話をしてくるし

バーに入っても相変わらず陽気

レストランに入っても普通だし

ケバブ屋に入っても「サムライソース?」と聞かれるし

いつも通り、楽しい時間を過ごしました。

アジア人差別など全く感じなかったどころか

パリ自体、新型コロナウィルスに対して

何も対策を取ってないのでは!?

と思う数日間でした。