けみ芥見Chemi Akutami Official Website

偶然隣の席だった伊藤南山先生という漢と、価格破壊なNANZANというお店

一昨日の”ミス日本酒”パーティーに連れって下さったお方

陶芸家・伊藤南山先生

この方との出会いがドラマというか、とにかく笑えるんですw

 

毎年恒例の12月30日に麻布の”山田チカラ”さんでの忘年会のコト…

この日はチカラさん地元の味”静岡おでん”の日でした

偶然隣の席だった”陶芸家のオジ様”を紹介され色々話す…

 

色々話してるうちに…

 

気付く…

 

 

もしかして…

 

 

ナンザン先生でしょうか?」

「うん、せやで」

 

マジかぁーーーーい!

 

数年前から伊藤南山先生の名前は知っていたし作品も知っていた

 

というのも、パリでお世話になっている枝國さんのお店”枝魯枝魯”は京都・東京・パリ・ハワイとあり

ハワイ店は陶芸家伊藤南山さんとの共同経営だと聞いていたし

ハワイ店は店の半分がギャラリーみたいになってるし

そもそも枝魯枝魯では南山先生の食器を使ってるメニューもあるし

 

ってな訳で一方的に知っている御方に偶然にも隣の席で知り合うというカオスな出来事があったソノ日に意気投合し

「ミス日本酒のパーティー行かへんか?」

とお誘い頂き一昨日に至った訳でございます…

 

そしてMiss SAKEのパーティーを経て

※こちらは2019 Miss SAKE Aichi の方です

 

南山先生のお店

NANZAN

https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13220980/

へ行く。

「おー!待ってたでw」

 

色とりどりの鮮やかな器達が迎えてくれました

南山先生流石です!

 

先生の作品は

紫交趾 輪花鳳凰紋 水指

黒交趾 光琳松竹梅 茶碗

黒交趾 光琳松竹梅 茶碗

 

一言で言うと

カラフルな茶器

なんですが

その一つ一つに物語がありファンになりました!

 

先生のダイナミックなお人柄が作品の色彩に出まくってて好きw

 

そしてオーダーした「利き酒セット」

三つの日本酒を比べながら呑む

先輩と行ったので6種類の利き酒でしたw

 

赤阪の和食店で御座います。京都陶器、京食材、無添加。月替わりコースでご提供致します。
【ご予約は2日前までにお願い致します】

京都は東山で陶磁器工房を運営しており、その陶磁器で京料理をご提供させて頂いております。
メニューは旬を大切に和のお任せコースのみ。
5000円、7500円、10000円(税抜き)でご用意致します。

 

それにしても、このセットが恐ろしい!

というかこの店のシステムが恐ろしい!!

利き酒セット:三杯2000円也

 

ま、普通な感じですよね

 

でも

この三つのおちょこの中から

気に入った一つがもらえるんです

 

「先生…、赤字じゃないですか…」

恐る恐る聞いてみると

「弟子が作ったもんやw」

 

あ、そーいう事ね

 

でもお得感凄い!

先生の作品だったら10,000円くらいになっちゃうから大赤字というか出す訳ねーわな

 

うん、了解!

 

「じゃ遠慮なく」

と右の可愛いのを頂戴して来ました

 

このお店のお食事コースを頼むと”箸置き”まで頂けるみたいですよ

 

皆様、赤坂に行った祭は是非”NANZAN”に!